沖縄旅行を思いっきり楽しむための観光スポットとビーチを紹介します

サイトマップ

沖縄

沖縄旅行の体験スポットはここがオススメ!

沖縄には独自の島カルチャーや、亜熱帯の自然を体感できるテーマパークや施設が点在しています。せっかくの沖縄旅行、思いっきり沖縄を満喫したいあなたに、特にオススメのおきなわ体験スポットをご紹介します。まずはじめに、沖縄の魅力を凝縮した多彩な施設が集合する「おきなわワールド」。大人1人1650円のフリーパスを利用すれば、施設内ずべてを満喫することができます。
こちらでは、沖縄の伝統芸能であるエイサーを観覧できたり、サンゴ礁から生まれた全長約5㎞の鍾乳洞に入ることができたり、ハブ博物公園では、ハブショーを見ることもできます。続いてのオススメは、美ら海水族館周辺にあるパイナップルパークです。園内をまわるパイナップルトレインに乗ってパイナップル畑やトロピカルガーデンの見学ができるだけでなく、パイナップルのお菓子やワイン、ジュースの試飲などもでき、お土産コーナーも充実しています。
沖縄旅行で楽しみながら本場の南国フルーツを味わえるスポットです。最後は、「ガンガラーの谷」です。数十万年前の鍾乳洞が崩落してできた亜熱帯の森で、ガジュマルの大木や命の誕生を祈るイキガ洞、港川人の発掘調査が行われている洞窟などが点在している神秘的な場所です。こちらでは、ガイドツアーでのみ見学することができます。日常生活では味わえないような非現実的な空間を沖縄旅行で味わうことができるでしょう。

個性派揃いの沖縄旅行のビーチをご紹介!

沖縄には本島だけでも数多くの美しいビーチがあり、それらのビーチはエリアごとに異なる特徴を持っています。そこで、沖縄旅行を楽しめるスポットをエリア別にご紹介したいと思います。はじめに、沖縄南部に位置する南部エリアはファミリーで賑わう大型ビーチが特徴です。こちらは、設備が整った人工ビーチが点在しています。安全に楽しめる人工ビーチは、小さいお子様のいるご家族に沖縄旅行で人気です。続いては、那覇・首里エリアです。
那覇空港から近く、便利な立地が一番の魅力です。フライト前に立ち寄って青い海を眺めるのもオススメです。次に、東海岸周辺エリアは、遠浅の海が広がる穴場スポットです。マリンアクティビティでは、フライボードやウィンドサーフィンが人気のエリアです。宇堅ビーチやムルク浜などがあります。続いて、中部エリアはサンセットも美しい都会派ビーチです。海岸線は、ジョギングをする外国人や地元の人で賑わうエリアです。サンセットビーチでの夕日が特にオススメです。
中部エリアをさらに北上すると、リゾート色豊かなマリン激戦区の西海岸周辺エリアとなります。リゾートホテルが立ち並び、白砂と青い海の絵に描いたようなビーチが点在します。最後に、沖縄北部に位置するのが、美ら海水族館周辺エリアです。橋で渡れる離島が多く、マリンジェットやパラセーリングが沖縄旅行で人気のエリアです。沖縄での海遊び、マリンアクティビティを楽しむ際には参考にしていただけだら嬉しいです。

沖縄旅行で絶対に食べてほしいもの

沖縄旅行に行ったら必ず行く場所をご紹介します。まずひとつめは、三です。サータアンダギーのお店ですが、本州の催しなどででているサータアンダギー、もしそれが、揚げたてであればその味は格別です。
こちらのお店のサータアンダギーは格別な美味しさです。道路沿いのお店にいくと、基本的には揚げたてです。揚げたてのおいしいことったら。オススメはドラゴンボールです。またサータアンダギーとはちがった食感で、ふわふわで美味しいです。前述したとおり、サータアンダギーは揚げたてかどうかでかなり味がかわりますが、こちらのはまたちょっと違い、お土産で買って帰ってもサクサクでおいしかったです。
ドーナツなどは油がまわってその油が酸化して美味しくなくなると思うんですね。こちらのは、ほぼそうはなりませんでした。作り方を聞いてみたいくらいです。ふたつめの沖縄旅行でオススメスポットは、また食べ物で申し訳ないんですが、海ぶどうのお店です。
ちゃきちゃきの関西人のわたしは、元祖とか言ってるところこそ怪しい。と思ったのですが、全然そんなことありませんでした。本当に元祖なのでは。と思うほどです。海ぶどうをたのむと、タレをつけて食べるよう言われます。そしてソッとタレにつけると、エビが生き絶えます。そう、新鮮すぎて、海ぶどうミニエビがついているのです。沖縄旅行で是非お試しいただきたいです。


【美匠】の墓じまいは綺麗にお客様の気持ちを考えて行ってくれるのです!

Menu List